抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2020.08.07 Friday

マスク生活

マスク着用が習慣付いて感じる事は、例え柔らかくても鼻と口を覆った状態では無意識に呼吸が浅くなっています。思いっきり息を吸ったり出したりすると布がペコペコ動いてしまうので、呼吸もお行儀良くなってしまう様です。

スーパーなどで買い物を済ませて、外に出た途端にマスクを外すのですが、その時毎回自然と深呼吸をしています。

 共布マスク

空気の出入りが軽く遮蔽されるのがマスクの役割でもあります。二酸化炭素を多く含む出した息(呼気)が、僅かにマスク内にこもっていて、それが吸う息(吸気)に混じっており、酸素交換が良好とは言えない上に、私の場合は呼吸が浅いのです。

ヒトは軽い酸欠状態に慣れてしまい、体の異常に気付くのは難しいと考え、最近は必要に応じてマスクの着脱をマメに行っています。

直ぐ対応できる様に両方のゴムを左手首に通してアクセサリーみたいに持ち歩いています。

以上、私のマスク生活でした!

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2020.08.06 Thursday

稲の思春期

稲に実を持たせる(孕ませる)のはカミナリ様なのだそうです。稲妻・稲光の語源に書かれていました。 

 稲波

(上・写真)田んぼが華やかに見えます 

 出穂

(上・写真)若い稲穂が見えます 出穂期が始まっていました

 水の管理

(上・写真)根元へ空気や水を与える為に水の調節中です 

手を掛け気を掛け 大事に育てられる稲 水と光と風が適度であります様に 豊作であります様に。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


2020.08.05 Wednesday

オンライン講座のご案内

不定期に配信されるメールマガジン「お産のお鍋」からの情報をコピーしてお知らせします。

(転載開始)

Covid-19の感染者が増え続けていますが 家族で過ごす時間を楽しく有意義にできる知恵とスキルを学びませんか。

「自分で立ち上がれる強い心を育てよう」

           〜その心を育てるかかわり方を学ぼう〜

「自尊感情」とはあるがままの自分を認められる心持のことを言います。

よい自分もダメな自分も受け入れる強さは自分が必要と感じた時に 自分を信じて前進できる強くしなやかな気持ちといえるでしょう。 自尊感情は、生きていくうえで大変大切なものですが 育む機会は子ども時代だけではありません。 大人になってもチャンスはたくさんです!

講師:近藤卓先生(日本ウェルネススポーツ大学教授)

   日本いのちの教育学会会長・日本メンタルヘルス学会理事

   日本健康教育学会評議員・(公社)青少年健康センター理事   

   (公社)日本誕生学協会顧問

日時:令和2年9月26日(土)13:30〜15:00   

Zoomミーティングでのオンライン講座

参加費:800円(振込)

定員:100名

詳細はこちらから http://setagaya-josanshi.net/2020/08/02/post-660/

お申し込みフォームはこちらです。 http://ur0.work/QVQn

お問い合わせは、 Jo34.naka-taka@ezweb.ne.jp (中西)まで

ご参加をお待ちしています。

(転載おわり)

高いヒマワリ

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2020.08.04 Tuesday

ブログが12年目に入りました

当ブログは2009年8月に開始しました。この8月から12年目に入ります。引き続き、ねんねこりんグッズや赤ちゃん、他色々と日々の話題を掲載致します。 

 ラフレシア石巻

(上・写真)リフォームしたカンボジア布ねんねこりんで眠る赤ちゃん

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2020.08.03 Monday

8月3日たまひよサロン

昨日梅雨明けしました。湿気は有りますが、気温は25度余り。冷房の効いた中で5組の母と御子さん(生後5カ月から1歳)達と過ごしました。体験を交えながら、テーマ「母乳の話」が進められました。

  母乳の話

(上・写真)K助産師の話をリラックスして聞いています

 慣れるまでママのそば

(上・写真)寝返り組、ハイハイ組はママの傍で

 ちひろちゃん

(上・写真)小走りするチーちゃん ママのお腹にいた頃からの参加者です

 腰抱っこ

(上・写真)カンボジア布ねんねこりんで試し抱っこ サイズも丁度良かったです

おっぱいを欲しがる回数が多い、離乳食とおっぱいのバランス、ママの職場復帰に備えての準備についてなどの質疑応答が私も参考になりました。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


| 1/296PAGES | >>