抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2018.01.28 Sunday

ねんねこりんで帰京

霧島山の冠雪写真(下)が田舎の同級生から送られてきました。南国宮崎も今年は寒い冬を迎えているようです。

 冠雪の霧島山

その彼女に初孫ちゃんが産まれ、ねんねこりんに包まれている写真で初めて御目にかかりました。お名前は晴南(はるな)ちゃん。

高校のクラブ活動仲間が御婆ちゃんになったなんて、どれだけ月日が過ぎたのか。

 はるなちゃん御包みねんねこりん

娘さんは里帰り出産を成し遂げてママになり、ねんねこりん抱っこ姿で宮崎空港から帰京しました。

 彩乃ママと帰京

新米ママから「私の負担も小さくて使い勝手が良く、晴南もぐっすり眠ってくれます」とねんねこりんの感想を寄せて頂きました。

本格的な春を心待ちにしながら、育児に頑張っていらっしゃる事でしょう。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2018.01.22 Monday

ねんねこりん縫製お手伝い

子育て支援センターの「たまひよサロン」で出会ったK妊婦さんが、里帰り出産前にねんねこりんを縫いたいとの以前からのご希望で、今日はご自宅で一緒に作りました。夕方には雪が降る予報でしたので、集中して二人で縫いあげました。布の裁断、アイロンかけ、布折り、マチ針打ち、ミシン掛けなどの工程を記録に残すつもりでしたが、気が付いた時には縫いあがっており、すでに肩掛け部分の糸の始末中(下・写真)です。コバルトブルーのミシン糸がベージュ 色の二重ガーゼ生地に良く映えています。

 

葛西さん手元

 

(下・写真)赤ちゃんがわりに私のバッグを抱いて頂き完成形です。

3ケ月後にご自分の赤ちゃんを抱っこするのが待ち遠しいですね。

葛西さんねんねこりん姿

雪もサラサラ降り始める中、温かい気持ちで帰りました。

楽しい時間をご一緒出来て感謝致します。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2018.01.19 Friday

お祝いスリングで

 

一昨年、弘前市内の保育園のママ達と一緒に、ねんねこりん縫製をしました。その時のママが自分の後輩ママへの出産お祝いに手作りねんねこりんをプレゼントして喜ばれたとの事。「愚図っていた時ねんねこりんに入った途端に泣きやみ夢の中へ・・ねんねこりん効果凄かったです」と嬉しいメールをいただきました。(下・写真)ママの御顔をじっと見上げている可愛い赤ちゃん、ちょうど抱っこし易い大きさにご成長ですね。後輩ママにお似合いの布選びです。御出産おめでとうございます。沢山抱っこして下さい。

 

 弘前キリンさん後輩 

ねんねこりん抱っこ姿をブログでご紹介出来るのが何よりも嬉しいです。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2018.01.10 Wednesday

萌し

アリューシャン列島に見えた残雪(下・写真)でしたが、地図で確認した結果、樺太に似ています。

南の島をイメージしても良かったのに、寒かったせいか。

アリューシャン列島道路

とは言っても、木々の枝先には既に芽ぶきのきざしが見えます(下・写真)。

こぶしの花芽吹き

24年前には新米ママだった人からの年賀状に「娘は年女です。問題山積ですが・・前に進んで行こうと思います」と、ありました。

御掃除のおばさんも自在に出入りする、洗濯機のある分娩室で力を振り絞って出産を成し遂げた女の人です。

どんな場所であれ自然の命は生まれ出る、と出産介助した事を記憶しています。

問題にも花が咲きます様に。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2018.01.01 Monday

元日・上がったり下りたり

登山と言うには楽な、上り30分、下り25分の馬っこ山に出かけました。

銀色に光る川がきれいでした。

馬っ子山から石巻市内

 

元旦の運動公園

(上・写真)山のふもとの運動公園で凧揚げしている人影が見えました。

 

手作り凧

(上・写真)「くるくる回ってしまうんです」とお父さん。小学校2年生の娘さん手作りの凧の絵を見せて貰いました。明るい南国風です。さわ、とサイン入り。

凧上がった

(上・写真)あっ、上がった。糸を引いているのはお母さんです。

皆さん良い一年の始まりですね。さわちゃん凧ありがとう。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


| 1/241PAGES | >>