抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2019.11.17 Sunday

スカーフにも使えるスリングです

ワークショップに仙台から参加され、一緒に布選びもしました。最初は同じ柄でブルー系統のを手に”無難な色柄になってしまう”との事でしたので、思い切っていつもとは違う色目をお勧めしました。 

 

スカーフ風柄で完成

(上・写真)巻いて良し、包んで良し、お似合いです

遠方なので集中して一日で完成、皆で喜びました。

ブログへの御訪問ありがとうございます。(千)

 


2019.11.13 Wednesday

東松島で初ワークショップ

 東松島コミュニティーセンターでも おはなワークショップが開催される事になり、第一回目は11月7日でした。

 ママ達の時間

(上・写真)言葉や文字で、自分を振り返る時間が組まれていました

この夏完成した施設、畳の縁は青地に白い飛行機がデザインされており、土地柄を感じます。

 

 受付テーブルで

(上・写真)参加者が増えました(ねんねこりんを肩に・・)

 

 受付でようこそ

(上・写真)”ようこそ〜”スタッフゆめちゃんも受付でお迎え

 

 勇気が

(上・写真)小さな人一人ではちょっと勇気が必要な広くて長い廊下

 

 モダン天井

(上・写真)モダンな高い天井、小さい人の目にはどう映るのかな

 

 絵本からポーッと

(上・写真)和室の外に遊び場・見守りが必要

 

 今焼いています

(上・写真)「パンケーキを焼いてあげます」・・沢山おもちゃが無くても自分で遊びを生み出す

 焼けました

 (上・写真)「出来ました〜」

 

 焼けているかな

(上・写真)”はいどうぞ、うまく出来ているかなあ”

家から手に握って持って来た自分のおもちゃ”フライ返し”で私と遊んでくれた”そら君”

 

 抱っこして帰り道

(上・写真)ワークショップの帰り道・参加親子さん

定例化した出張ねんねこりんワークショップが4箇所に増えました。,はな(レインボーハウス)△發ようフリマ(牡鹿観光モデルハウス)マタニティハウスさざんかいはな(東松島コミュニティセンター) そして、近々常設予定の場所(仮称・ねんねこりん工房)でのワークショップも計画します。

ブログへの御訪問ありがとうございます。(千)

PS:パソコンのメンテナンスで急にブログお休みになった時は御理解ください。

 

 

 


2019.11.09 Saturday

ベルリン 

古いカメラを手放そうと決めた途端に色々な事が思い出され、特に遠方の旅では必須の道具でした。ベルリンの壁崩壊から30年経過と知り、その翌年春に訪れた東西ベルリンの記憶写真を出してみました。 

 旅仲間

(上・写真)いのち・お金・パスポートの次に大事だったカメラ

 

 西ベルリンの通り

(上・写真)西ベルリンにも在ったコンドームショップ・ショーウインドーを眺めている東ベルリンの大学生2人(彼らの案内で知り、店内も一緒に見学)

その頃オランダに在った世界初のコンドームブティック見学が私の旅の目的で、ベルリンを訪れたのはその延長でした。東ベルリンで共同生活をする大学生と偶然知り合い、彼らの部屋に宿泊して是非今のベルリンを見ていって欲しいと勧められて一週間程度の滞在でした。

 

 ベンツマーク

(上・写真)西ベルリン市街の大きなビルの屋上に、見た事のあるマーク

親しくなった大学生二人の会話にメルセデスの単語が何度か聞かれました。

 

 東ベルリンの大学生の部屋で

(上・写真)東ベルリンに住む大学生のテーブル

彼らはベルリン自由大学で気象学を勉強していると英語で説明してくれるのですが、気象学の英単語を知らない私が何度も質問すると「メティオロジーを知らないの?!」と驚いた表情でした。その場でミニ英和辞典を調べて意味を知りました。彼らのテーブル上のバスケットボールを何に見立てているのかもその時判りました。雨上がりに二人で空を指差してどの方向から虹が出るか討論したり、座学と実学織り交ぜて暮らしているのでした。幸せな人生を営んでいる事を願ってあれから30年。「僕らは今までアルミニュームのフォークとスプーンだった。これからはステンレスので食事ができる」と期待で胸を張っていたのが思い出されます。

ブログへの御訪問ありがとうございます。(千)

 

 

 


2019.11.05 Tuesday

フリマに出店

 ペットと住める住宅展示会場でのフリマで、ねんねこりんスタッフのベビー服など販売し、同時にスリングねんねこりんも紹介しました。ねんねこりんを目にしたお客様から”ペットの抱っこにも良いね”とスタッフに声を掛けられたそうです。

  フリマにポーッ

(上・写真)ミニ蒸気機関車も設営されていて、人気を集めていました

 

  手を振る朋夏ちゃん

(上・写真)ねんねこりんスタッフのお子達も4回試乗させて頂きました

 

  あらた君ヤギさん好き

(上・写真)草をムシャムシャ、ヤギさん4匹も展示会の盛り立て役

 

 ヤギさんの餌探し

(上・写真)ヤギさんの餌探し、何回も何回も飽きずに

 

 あらたクンから餌貰うヤギさん

(上・写真)ヤギさんに草をやるのが面白い

 

 4人とヤギさん

(上・写真)もっと餌をあげたいけど、これでお開き

 

 ひよりちゃんママねんねこりん

(上・写真)手作りねんねこりん・ひよりちゃんママも参加、「この抱っこ姿を見た人から、とっても可愛いと声を掛けられた事があるんです」と語ってくれました。

 ひよりちゃん&あらた君二人抱っこ

(上・写真)遊び疲れた あらた君をヒョイと抱っこ・・育児は体力と気力と工夫で

住宅展示会初体験でしたが、ヤギさんも参加、新棟玄関での調理・振る舞いコーナー、内装はこれからと言う建物内での何匹もの猫ちゃん紹介、老若男女でビンゴゲームを楽しみ食事券が当たったり等などの催し物が有り、ねんねこりん普及もアイデア次第で色々な方法がありそうに思えてきました。

ブログへの御訪問ありがとうございます。(千)


2019.11.04 Monday

薪で炊く

11月3日に地区の公園で防災訓練が行われました。 

 薪で炊く 

(上・写真)薪を燃やして羽釜でご飯を炊く。高齢者にはなつかしい光景。

 

 

 羽釜で炊く

(上・写真)薪が燃える音や匂い、揺れ動くの炎の熱さも伝わって来て、これぞ太古。私も羽釜でご飯が炊けるはず・・。

ブログへの御訪問ありがとうございます。(千)


| 1/255PAGES | >>