抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2018.08.03 Friday

稲穂

緑一色だっ田んぼが黄緑色に変わっています。良く見ると稲穂が出そろっていました。白い花を咲かせて風にゆれています。この時期は特に太陽の光と暑さが必要なのだそうです。夏を乗り切って美味しいお米を食べましょう。

稲穂

どんどん変わる稲の姿に、人間の姿が重なります。

”自転車路 三日見ぬ間の 田圃かな”

 

パソコンのメンテナンスの為ブログを小休止致します。稲刈りまでには再開したいです。涼しい秋をお迎えください。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2018.07.29 Sunday

ねんねこりん仲間

暑中お見舞いを申し上げます。

ねんねこりんワークの日、揃って写真を撮ってもらいました。

御子様達の自由度の高い姿勢にご注目下さい。

ねんねこりん仲間

御子様たちにインタビューをして感想を聞いてみたいものです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

パソコンが変調をきたしています。皆様も御自愛ください。㋠

 

 


2018.07.03 Tuesday

ねんねこりんワーク・海編

6月に2回、自分で布を選んでの手作りねんねこりん講座が開かれました。

保育園にお迎えに行くまでの時間に、子守りをして貰いながらの作業です。

 子守り役ママ

 ワークショップ

手作り経験ママ達から細やかなアドバイスを貰って進んでいます。

ねんねこりんアドバイザー付きワークショップ

みんな赤ちゃんでした

めいめい区切りの良い所で持参のお弁当や、おやつを食べます。前回に引き続き今回も希望があり、DVD「うまれるよ」を鑑賞しました。(上・写真”みんな赤ちゃんでした”の画面)

完成した人も、あとほんの少しで完成の人も、この夏のお出かけには、ねんねこりんが役に立ちます様に。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。パソコンのメンテナンスが済みました。㋠

 


2018.06.19 Tuesday

災害時の赤ちゃん情報

関西の地震のお見舞いを申し上げます。昨日、高槻市に住む親戚に安否確認をすると短い対応で「何とも無い」と、力のある声を聞いて安心した次第です。ほんの10秒程の価値ある電話でした。

今日はメールマガジン「お産のおなべ」から頂いた情報を以下に転載致します。

〔災害のときの母乳育児と粉ミルク育児、首が座らない赤ちゃんと避難する方法、簡易おむつの作り方〕

・「災害のときの母乳育児」(粉ミルク育児)資料 無料ダウンロード コピーフ リー  ご自由にコピーしてお使いください。 多言語版(ポルトガル語・韓国語・台湾語・中国語・英語)とテキスト版もありま す。 https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12384565247.html

・「災害のときに安全に赤ちゃんのおなかを満たす方法」 https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12384606213.html

・「災害のときの粉ミルク育児、ほ乳ビンがないときに」 https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12384649886.html  

・「災害のときに首が座らない赤ちゃんと避難する方法」

・その他、だっことおんぶ で避難する方法のリンクあり https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12384683769.html

・「災害のときに身近なものでオムツを作る方法」 https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12360711485.html

リンクフリーです。 活用していただけたらうれしいです。 必要な方に届くことを願っています。 どうぞよろしくお願いいたします。 すずきともこ (マンガ家・イラストレーター・「心の育児」講師 ベビーウェアリングコンシェルジュ 母乳110番相談員・かながわ母乳の会スタッフ) メール rinrin-tree@quartz.ocn.ne.jp ブログ https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/

(以上転載終わり)

ブログへのご訪問ありがとうございます。パソコンのメンテナンスタイミングを見ています。㋠


2018.06.14 Thursday

6月のたまひよサロン

空模様を気にしながら動くこの季節、6月4日は「こころの健康」について臨床心理士の伊藤先生を囲んでお話を伺いました。部屋の片隅でたまひよ応援隊の助産師数人も、子どもさん達を見守りながら耳を傾けました。

 

 6月たまひよ

お話の柱は

・妊娠、出産、育児の時期を支える臨床心理士の取り組み

・妊娠中や出産時、産後の心と体

・この時期の心身の実際の変化、それに伴う負担

・一人一人違う体験、違う受け止め方、人生を見つめ直す時期

・パートナー、赤ちゃんとのコミュニケーション

・困りごと、ストレスへの対処、リラクゼーション

沢山の内容をじっと聞きながら自分自身の状況を考える時間だったと思います。

お子さん二人連れのママ、出産を控えた妊婦さんや月末に他県に引っ越す顔なじみの親子さんも御挨拶がてら参加されました。

ストレスへの対処法略の事を「コーピング」と言うそうです。自分に必要な法略をどんどん知りたいですね。

ブログへのご訪問ありがとうございます。パソコンが不調気味で、メンテナンスに出す予定です。㋠

 


| 1/243PAGES | >>