抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2016.04.14 Thursday

レース模様


 オレンジのレース
ねんねこりんを作る本にも作り方が紹介されている、赤ちゃんの抱っこマット(イタリアで言うトッポンチーノ風)を作りたい思っています。

マットカバーにどんなレースで飾り付けをしようかな、と思いながら剥いた夏ミカンの皮がレースに見えて来ました(笑)。

今の季節に似合いそうです。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠
 

2016.02.03 Wednesday

久々の抱っこマット

 
 抱っこマット
ねんねこりんを作る本に作り方が載っている、新生児抱っこ用途のマットを久しぶりに作りました。

6日に青森でのスリングねんねこりん製作説明の場で併せてご披露します。

モデル人形のハナちゃんも登場します。

今日早速多種の布と一緒に梱包して先に送りました。

皆様の前で開くのが楽しみです。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

2011.03.28 Monday

ねんねこりん工房 疎開先で縫製中

 4月中旬に出産予定の方への、新生児用途抱き枕”トッポンチーノ”を縫いました。
 カバーしつけ 北谷さん


 3枚

次は長時間抱っこ用のスリングねんねこりん(肩掛け部分6折り幅)の縫製に取り掛かりました。新生児を連れて災害非難時は楽に安心してずっと抱っこしていられます。

被災地で生まれた赤ちゃんを安全に抱っこしていただきたいです。


ブログへのご訪問、ありがとうございます。
                          ㋠ド 

2010.09.13 Monday

ねんねこりん工房特製 トッポンチーノへのご感想

  だんだん耳慣れた言葉になってきました”トッポンチーノ”です。既にご愛用いただいている吏句君ママから特注していただき、試行錯誤も楽しみながら作品を御届け致しました。

お誕生へのご贈答にと、まだ手元に置いて出産のお知らせを待っていらっしゃるそうです。
以下は御友人にトッポンチーノをお贈りになるトッポンチーノ&スリングねんねこりんご利用のママからのご感想です。

★★★★★★★★★★★★

 一昨日トッポンチーノ届きました。
友人はまだ生まれたという報告がありません。
  
ブログでも拝見しましたが、花火の柄で可愛らしいですね。
 もう一人の友人のも素敵でしたが、どれも欲しくなってしまいます。
 早く、次の友人に送りたいところですが、生まれたという報告を
 待ってからにしようと思います。
 
吏句は抱っこさえしていれば寝てくれるのですが、
 置くとすぐぐずったり…。
 私も(パパも)肩や腕が痛くなってきました。
 
もう一ヶ月半なので、ねんねこりんに入れて外を見せたりしています。
 早く首が座って、少しでも一緒に出かけたいなあと思いつつ、
 まだ近所の散歩止まりです。
 
またご報告させていただきます。
 
吏句はおもちゃが1つだけ握れるようになりました。
 それと毎日笑う回数が増えました。
 鳴き声もその分、大きくなりましたが。

★★★★★★★★★★★★

吏句君、生まれた時はおっぱいを飲む練習から始まり、1ヵ月半後にはオモチャを握れるとは・・ご成長ですね!


ブログへご訪問いただきまして、ありがとうございます。
                                 ㋠ 


 

2010.09.09 Thursday

トッポンチーノ、ロールケーキ風ラッピング

  昨日、一昨日の台風の気圧の変化の影響で、陣痛・出産に到った方々が多かったのでは・・と思いました。 

御生まれになる前に御届けしようと、仕上げたトッポンチーノをきょう発送出来て、一安心です。

 トッポンチーノロールラップ

ロールケーキ風ラッピングにして見ました!


ブログへご訪問いただきまして、ありがとうございます。
                                  ㋠

2010.09.08 Wednesday

トッポンチーノ 秋版が完成しました。

  特注トッポンチーノ秋版が、完成致しました。ご出産前に御届けする予定です。


 ハナちゃん試し使い
 完成品に人形のハナちゃんがお試し寝・・


 
 本体
 カバーを外したトッポンチーノ本体


 
 カバー表側
        外したカバーの表側

 カバー裏側
         外したカバーの裏側



 タオル
           本体の中綿

 *秋版として、中綿を増やして調整しました。最終的には今までより
  10パーセント程度”微増”しただけでした。綿が多すぎると抱っこした時
    に赤ちゃんの骨格を感じにくくなり抱っこしにくい印象を持った為です。


 キルティング用意図
  本体の中綿を4~5センチ間隔で折り返し縫いのしつけ(キルティング?)
  を縦横に施しました。
    縫う事に集中し、縫い上がりの写真撮影を忘れていました。




カバーに収納
 
        カバーを掛けた完成体

 今回の改良点
  ・上下にレースを付けましたので、頭と足元の区別無く使用できます。
  ・カバーのタオル生地に続く折込部分を、カバーの裏側生地と同じ
   二重ガーゼ生地にしました。
   タオル生地の重なりがない事で、折込がすっきりします。
  ・中綿を縫い圧してある事、ガーゼ、タオル生地使用により、本体と
     カバーの摩擦が大きくなり、赤ちゃんが滑りにくい作品が出来たと
   思います。

 今後の御使用になっての感想が楽しみです。



ブログへご訪問いただきまして、ありがとうございます。
                                  ㋠


  


2010.09.06 Monday

トッポンチーノ用、綿を求めて

 何枚か縫ってきたトッポンチーノ(新生児用抱っこ・超ミニクッション?)です。これから秋に向かってお生まれになる赤ちゃん用を一枚縫おうと材料は揃っているのですが、中に入れる綿の量を決めかねています。

いままでの様に夏生まれの赤ちゃんと同じ綿の量でいいのかどうか・・・。多めに準備してから製作しようと真昼に綿を買いに出かけました(綿・・いかにも暑そうです)。

 暑さで傾くビル?

 秋色の空の下、気温は真夏です。ビルも暑さでクラリと傾斜(笑)?




 デパート屋上ガーデン
 
 デパートの屋上ガーデンにはキキョウの花が咲いていました。秋です。





 綿比較
 
 本題の”綿”です。上の写真・左が夏用に使用した綿の量、右が夏の3倍量の綿です。真ん中をとって1.5倍量で作成してみる事でしょうか・・。



完成した暁にはトッポンチーノ秋版をご披露いたします。お楽しみにどうぞ。


ブログへのご訪問をいただきまして、ありがとうございます。
                                     ㋠




2010.08.16 Monday

ねんねこりん工房風トッポンチーノ 手助け縫製をしました

 プレゼントにしたい!と希望されたご本人様と一緒に、トッポンチーノを縫製致しました。


 クッション 
        .ッション本体



 カバーと並ぶ
     ▲ッションとクッションカバー



 カバー表裏使用可
   カバー表裏の布を変えてアクセントを付けました



 トッポ前川さん一組
     ぅッションにカバーを掛けました



 ハナちゃん試し
    タ契源サイズのハナちゃん人形でお試し


 今回の工夫点は、赤ちゃんの頭がクッションカバーの出し入れ口側に来る様にしました。
頭の重さで出し入れ口が圧閉されて、折込部分の布乱れ予防になります。

そして、赤ちゃんの足元側が縫い閉まっているので、抱っこする時に障りなく手を添える事が出来ます。

そろそろご出産が近く、数日以内にプレゼント先様に届けられる予定です。


ブログへのご訪問を、ありがとうございます。
                          ㋠

2010.08.12 Thursday

ねんねこりん工房版 トッポンチーノ工夫

 生まれて間もない赤ちゃんを安心して抱っこする抱きクッション、トッポンチーノを縫製する度に少しずつ工夫しております。

工夫

1 詰めてある中綿を包む布は、摩擦の多い素材を選びました。
  片面ガーゼ生地、片面タオル生地です。綿と接する部分に
  タオル生地が当たる様にしました。
  写真 ι修縫ーゼ生地側が出ています。

 マット表面
             写真    



2 リバーシブル使用のクッションに仕上げました。
  クッションは大抵はリバーシブル(笑)?

3 クッションの4辺淵に掴み部分として、綿無し部分を残しました。
  カバーから引き出す際に綿がちぎれないように、綿部分を
  掴まない工夫です。
 
 マット裏面
           写真


これらの工夫が無くても、抱っこクッションの役割を果たしますが、今は私の研究心から色々と試作を楽しんでいる最中です。そうしながら、ご利用者様からの感想を寄せていただいて、より使いやすいトッポンチーノねんねこりん工房版を、と考えています。

今もご意見をお待ちしています。
  

ブログへのご訪問を、ありがとうございます。
                           ㋠





2010.08.11 Wednesday

ねんねこりん工房風トッポンチーノ 工夫

 新生児をより安心・安定して抱っこ出来るトッポンチーノを検討中です。

工夫 檻
 クッション綿を縦横にキルティング縫いをする事です。適度に厚みが圧縮されて、赤ちゃんの体の沈み込み防止になります。そして、綿ズレが少なくなる為載せ置いた赤ちゃんの体も滑りにくいと考えています。


 キルト作業
    布団針使用、綿のしつけ糸を使います。
大きく折り返し縫いをして縦の縫い線、横の縫い線のある、格子形のキルティング綿クッションを形成します。

この作業が一番肝心だと今は思っています。

次回は工夫△鮓翕舛┐い燭靴泙后


ブログへのご訪問を、ありがとうございます。
                         ㋠

| 1/2PAGES | >>