抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2016.12.11 Sunday

悠久の命の視点に感謝

免疫学の研究成果を、分かり易く惜しみなく講演しておられた安保徹医師が急逝されたと知りインターネットの動画であらためて追悼の気持ちをもって拝聴しました。

 

動物と植物の共通点を何億年も遡った視点で説いておられました。

 

体を温める事、湯たんぽは良いです・・等、具体的な話も沢山出てきます。

 

何よりも私にとって氏のご出身の青森弁混じりの暖かい話ぶりと御声が大好きでした。

 

御冥福をお祈り致します。

 

寒さが増して来ましたので、皆様温かくお過ごしください。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

 

 


2016.11.09 Wednesday

コインの裏表

 DDRコイン表

 

 DDRコイン裏 

1989年11月9日、ちょうど27年前のきょうは民衆によってベルリンの壁が崩壊された日だったそうです。

当時は日を追うごとに壁の向こうに行く人たちが増え、絶え間なくニュースが流れていたので”崩壊の日”がいつだったのか、知らずに過ぎました。その年明け後にオランダを目指して初めてのヨーロッパに行った私も、自然な成り行きで帰路は東ドイツに立ち寄りました。DDRコインを見ながら、それぞれの国の変遷を想う今日でした。

 

パソコンが不調ぎみでしたが、再開できてほっとしました。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠ 


2016.09.25 Sunday

カンボジア布

 

 カンボジア布模様

いつ誰に頂いたのか記憶に無いまま大事にして来たプリント柄のカンボジア布で、数枚のエプロンを縫いました。

 

                    カンボジア布エプロン

もともとは、この幾何学模様が細かくあしらってある部分を裾にして、巻きスカート用途の布です。

 

これで上着を作ってしまうと、おそらくカンボジアの人達にとっては違和感があるでしょう。

 

布質や模様によって、どういう場合に用いるのかが決まっているようです。

 

日本の着物の使い分け方に似たものがあります。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.09.24 Saturday

ドリアン

 ドリアンの木

 ドリアン

上の写真は果物の王様ドリアンを、タイ王国で(笑)30年余り昔私が撮影したものです。

 

大好きでしたので、どんな風に育っているのか見てみたくてドリアン農園に行った時は感激しました。

 

一個がヒトの頭大もあり、樹形や生り方など全体の姿を知りたかったのです。

 

食べ物の”生り方”のエピソードで、友人が「まだピーナッツの木を見たことが無い」と言った時、私は大笑いした事があります。

 

本当に知らなかったらしいので、大変失礼な私でした・・。

 

ドリアンの姿をご紹介まで。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.01.20 Wednesday

ぶろぐ

ブログを始めてから約6年半経過、868回数の記事を書いています。

振り返ると自分のメモノートみたいな存在になっていて、毎日のブログ訪問者数を自分で稼いでいるので笑えます。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

2016.01.17 Sunday

震災のきおく

忘れられないあの阪神淡路大震災が起きて21年。

当時、テレビに映され続ける現実とは思えない状況を自分で確かめなければと、私は震災3日後に西宮市立平木小学校へ、1か月後に神戸市立六甲小学校に行きました。

いずれも着のみ着のまま短期1週間程度の活動でした。

近隣県からも急ごしらえの多種のボランティア救援者が駆けつけ、何のネットワークも無い中、共に持てる力を尽くし合ったのを後々日本における”ボランティア元年”と言われています。

あの時、平木小学校の体育館に避難していた赤ちゃん連れのお母さんが「おっぱいを飲ませたいのでどこか部屋は有りませんか」と相談されたのに、プライバシーが守れる部屋はどこにも無かったのでした。

スリングねんねこりんがあったら授乳用ケープになり、抱っこしたままおっぱいを飲ませる事が出来たなあ、と今日の日にちなんで再度思い出しています。

今後に備え、よろしくお願い致しますと自分にも言い聞かせる1・17追悼日。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

2015.12.15 Tuesday

レスター号と言う犬

 レスター号
レスター号 ジャーマンシェパード(雄)

先日12月4日死亡 13歳(人間に例えると90歳〜100歳)

2004年の新潟県中越地震の時当時2歳の男の子を92時間ぶりに嗅覚で救った犬だったのです。

当時の私は、2歳の子が長時間一人で埋もれて耐えた事が驚異だった事を思い出しました。

あの時の犬だったと今回の写真入り死亡記事で知ったのでした。

この犬の目に惹かれて、思わず手元の紙切れに顔をスケッチしたくなりました。

前脚を広げての立ち姿はレスター号の特徴なのか、すぐダッシュできる姿勢にも見え、勇ましさと優しさを感じます。

現役中の出動回数408回、中国の四川地震など激務をこなし病気・けが無く引退した後も教官犬としても良い仕事ぶりだったそうです。

その後新潟の男の子はおばあちゃんに育てられ、無事成長を遂げていると知りました。

二つの朗報でした。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠
 

2011.12.10 Saturday

週末追想 ルクセンブルグ 

 1990年、アムステルダムに世界最初の(と新聞で見た)コンドームブテックを見学に行きました。
丁度ベルリンの壁の崩壊に続く年でしたので、緊張した初めてのヨーロッパでした。

途中立ち寄ったルクセンブルグのユースホステル「ビクトルユーゴー」に一泊して街を散策をした時の写真(下)です。マッチ売りの少女が立っている雪景色の街を想像します。

 マッチ売りの街 

寒い週末を暖かくしてお過ごし下さい。
ブログへのご訪問、ありがとうございます。
                          ㋠ソ

| 1/1PAGES |