抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2019.03.25 Monday

いのち学際

生命躍動の春、メールマガジン”お産のおなべ”からの情報を転載致します。

          梅満開

(転載開始)

性教育、人口、不妊治療について、様々な分野の参加者で議論する学際的な研究会のお知らせです。
どなたでもご参加いただけますので、参加フォームにてご登録の上、是非ご参加くださいませ。
参加フォーム
【人口学会東日本地域部会プログラム「性に関する情報と人口」】
日時 2019年3月30日(土)13:30-16:30
場所 東京大学本郷キャンパス 医学部教育研究棟 13階 第6セミナー室
建物の入り口は東側(地図の上側)にございます。赤門を入り本郷通りを背にしてまっすぐ進み、植え込みの後ろにある医学部2号館に突き当たったら右方向にお進みください。正面に見える14階建ての建物が医学部教育研究棟です。入口は開錠されています。エレベーターで13階までお進みください。
 座長:森木美恵(国際基督教大学)
各報告30分+質疑応答10分  
13:30-13:40 小西祥子(東京大学)「企画セッション『性に関する情報と人口』の趣旨説明」
13:40-14:20 林玲子(国立社会保障・人口問題研究所)「『包括的性教育 (Comprehensive Sexual Education)』をめぐる国際的な議論について」
14:20-15:00 橋本紀子(女子栄養大学)「世界から見た日本の性教育−日本のジェンダー・セクシュアリティ教育を国際的視野から問題にする」
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 赤川学(東京大学)「明治期の性教育言説: 性情報空間の変遷に着目して」
15:50-16:10 討論 仙波由加里(お茶の水女子大学)
16:10-16:30 総合討論
趣意文
少子化が継続する日本では、世界でもっとも多くの不妊治療が行われている。治療によって挙児を得るカップルがいる一方で、精神的・身体的・経済的負担を抱えながらも挙児を得られない者も多い。諸外国と比較して日本ではより長い期間にわたって不妊治療を継続する傾向があり、養子縁組をすることや子どもを持たないことなど多様な選択肢から男女が積極的に選び取る状況には至っていない。このような現状は、日本における性や妊娠出産に関する情報のあり方と関係しているかもしれない。なぜならこれらの情報は性交や避妊といった性行動をはじめとして、子どもを授からない場合の対処方法(どのような不妊治療をどのくらいの期間受けるのか、養子縁組を考えるか、夫婦で生きていくことを選ぶか等)にも影響を及ぼすからである。本セッションでは、学校や家庭における性教育および、一般向けの書籍やウェブサイト、マスメディアにおける情報等について、世界と日本の対比、日本における歴史的変遷を軸としながら、現在の日本における性に関する情報の特徴を整理し、人口との関連について議論したい。
小西 祥子    Shoko KONISHI, PhD
東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻人類生態学教室 准教授
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学医学部3号館別棟W603
tel: +81-3-5841-3487
(転載おわり)
ブログへのご訪問ありがとうございます。(ち)

2019.03.11 Monday

311に寄せて

今日の石巻は雨音と風音に包まれて一日中”夜明け”の様なほの暗さです。午後に鎮魂のサイレンが鳴らされる予定です。思い思いの311、不定期で配信されるメールマガジン”お産のおなべ”からのお知らせを転載致します(以下)。

(転載開始)

「本郷寛子@母と子の育児支援ネットワーク代表です。

 

東日本大震災から8年がたち、その後にも日本は数多くの災害を経験しました。

犠牲になられた多くの皆さまに哀悼の意を表するとともに、今でも復興半ばの地域の皆さまに今後とも私たちにできる支援を続けていきたいと思っています。

 

母と子の育児支援ネットワークが日本ラクテーション・コンサルタント協会と

災害時の乳幼児栄養支援に関する共同声明を出しました。

 

【災害時の乳幼児栄養支援に関する声明:国際ガイドラインに沿った防災対策を】

 

災害弱者である赤ちゃんとお母さんを守るためには、乳児用ミルクの備蓄だけではなく、乳幼児栄養全体を見据えた防災対策が大切です。災害時の乳幼児栄養に関しては、国際的なガイドラインが存在します。

衛生状態が悪くなりがちな災害時、たとえ少しの量でも母乳を飲んでいることで、赤ちゃんは感染症のリスクから守られます。

災害がひとたび起こると、乳児用ミルクや哺乳びんは医薬品・医療器具と同等に慎重に扱う必要があります。

つまり、一律に配布するのではなく、月齢、被災前と現在の栄養法を把握することが大前提となります。母乳を飲ませている人には母乳を安心して続けられるよう、乳児用ミルクが必要な人は十分に届けられ安全に使用できるよう、支援体制づくりが不可欠です。

 

私たちは『災害時における乳幼児栄養:災害救援スタッフと管理者のための活動の手引き』第3版を基に声明を作成しました。

 

声明のポイント

 

1. 災害時における乳幼児栄養においては、国際ガイドライン『災害時における乳幼児栄養:災害救援スタッフと管理者のための活動の手引き』第3版に準拠する

2. 災害時には、母乳の分泌量にかかわらず母乳を飲ませている人には、母乳が続けられる支援を(授乳スペース整備と相談できる支援体制との連携)

3. 災害時には、乳児用ミルクは必要な人に必要十分な量が届くように(一律配布せずアセスメント)

4 平常時に自治体が乳児用液体ミルクを備蓄する場合、ローリングストック方式で期限の迫った製品を妊娠中の女性や母乳で育てている母親に試供品として提供しない(WHO「母乳代用品のマーケティングに関する国際規準」の遵守)

5. 乳幼児栄養に関する計画的な防災対策を(ガイドライン作成、自治体レベルでの乳幼児栄養救援計画と体制づくり、人材育成など)

 

2019年3月11日

 

NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会(JALC)

母と子の育児支援ネットワーク 災害時の母と子の育児支援共同特別委員会

 

全文・各種参考資料はこちら

https://i-hahatoko.net/?p=913 

 

フェイスブック(ぜひシェアください)

https://www.facebook.com/Hahatoko/posts/2523988440963829

(転載おわり)

 

 双子ちゃんママたくましい

 写真(上)は、先日のワークショップで、縫い上げたねんねこりんで抱っこして帰られる双子ちゃんのママです。特に彼女の場合は”育児はいつも緊急事態”ではなかろうか、と想うのですが写真では余裕の笑顔です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(ち)

  

 

 


2018.09.09 Sunday

赤ちゃんを被災から守る

今回の台風・地震被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。私も北海道に多数の親戚がおります。被害が広がらないうちに収束します様にと願っています。

 

不定期に配信されるメールマガジン”お産のおなべ”に拡散希望情報が届きましたので、ここにお知らせ致します。(以下転載)

 

『災害の時の母乳育児と粉ミルク育児、赤ちゃんと非難する方法、ほっとする方法』

・「災害のときの母乳育児」(粉ミルク育児)資料 無料ダウンロード コピーフリー
  ご自由にコピーしてお使いください。多言語版(ポルトガル語・韓国語・台湾語
  ・中国語・英語)とテキスト版もあります。
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402990396.html


・「災害のときの粉ミルク育児、ほ乳ビンがないときに」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402988797.html

・「災害のときに安全に赤ちゃんのおなかを満たす方法」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402990183.html


・「災害のときに首が座らない赤ちゃんと避難する方法」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402976962.html

・「大きな布で抱っこして避難する方法」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402986009.html

・「コートや上着で抱っこ・おんぶする方法」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402987080.html

・「長い紐や布でのおんぶを覚えておく」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402991532.html

・「災害のときに身近なものでオムツを作る方法」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402975748.html


・「だれでもできる、ほっとする方法 
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402992168.html

・「だれでもできる、ほっとする方法◆
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402992999.html

・「少し話してみる」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402936484.html

・「災害のときに心の中で起こること」
https://ameblo.jp/bonyu-kosodate/entry-12402928492.html


リンクフリーです。
活用していただけたらうれしいです。
必要な方に届くことを願っています。(以上転載おわり)

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2018.06.05 Tuesday

裁縫立会人

ねんねこりん御愛好者によるワークショップ(以下チラシ)が企画されました。

ねんねこりんチラシ

 

御申込は下記アドレスにアクセスしてください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/dfd26c28573772

 

裁縫立会人を致します。縫う楽しさを一緒に味わいたいですね。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.12.28 Wednesday

母乳のお得情報

不定期で配信を受けていますメールマガジン”お産のおなべ”から伝達拡散の許可を頂いた、母乳のお得情報のホームページを下記にお知らせいたします。

 

読みどころはイラスト付きの「母乳だと楽!な12の理由」の部分です。

http://ameblo.jp/bonyuu110ban/entry-12232068538.html

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.12.10 Saturday

母乳の免疫力

不定期に配信されるメールマガジン”お産のお鍋”からの情報です。

 

添い寝をして母乳を飲ませると中耳炎になる事があるから、起きた姿勢で飲ませる様にと医療機関から言われたママからの相談に、どう答えたら良いかと言うものです。

 

答えは、免疫物質を含む母乳は炎症の原因にはならない、むしろ炎症を抑える効果があるので添え乳でも大丈夫との事でした。

 

寝ている姿勢の赤ちゃんに人工乳を”あてがい飲み”をさせた場合に耳に逆流して中耳炎を起こす例があるとの事。

 

メルマガを読んでいて、アフリカの赤ちゃんが眼やにがひどい時に、ママの母乳で眼を洗い流して対処する事があると以前聞いた事を思い出しました。

 

良く考えると理にかなっていますね。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.11.24 Thursday

南国宮崎のスキー場

まだ行った事はありませんが、日本最南端のスキー場が故郷宮崎県の五ケ瀬(ごかせ)町にあります。

 

今日は初雪が降ったそうです。

 

今年の12月16日〜来年3月5日までスキー場が開かれる予定で、標高1,600メートルからの眺めと天然雪のパウダースノウが好評で樹氷も観る事が出来るそうです。

 

もとよりスキーに親しむ土地柄では無いので、スノーボード愛好家に知られる様になったとの事。

 

交通路も整備されている様子なので、滑る目的では無くても南国人が”北国の冬の風景”を味わえる貴重な場所だと言えます。

 

寒さに弱い南国人も(私を筆頭に)、子ども連れならば楽しい体験になるのでは・・。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.11.21 Monday

南九州のスケート場

故郷・宮崎県えびの高原(標高1200m)に九州最南端の野外スケート場があり、今年も11月26日から来年3月5日まで営業する準備が進んでいるそうです。

 

この近くには古くから天然氷が張る白紫池(びゃくしいけ)も有り、幼少時に一度連れて行って貰って初めてのスケート体験(氷点下)をした記憶があります。

 

温泉の多い霧島連山に連なる地域ですので、スケート場が開かれれば子ども達も大人も楽しめる冬場の観光地としてこれから賑わうでしょう。

 

九州最南端に野外スケート場とは私自身もいまだに驚いています。

 

初めて知った人は”北海道でバナナが育った”かの様にびっくりするニュースかも知れないと期待しつつ故郷広報をしてみました。

 

急な寒波に備えて温かくお過ごしくださいます様に。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.11.13 Sunday

今風座敷童子

今日の午前中に携帯が見つかりました。

行方探しに行く支度が出来てマフラ−を出そうと洋服ダンスを開けたら、そこにあったのです。

拍子抜けするやら、可笑しいやら、交番のおまわりさんと友人に申し訳無いやら・・命拾いした気分です。

引き換えに、午前中はパソコンのインターネットが作動していたのですが、午後から作動しなくなりました。

ネット会社に問い合わせて、電話口で指導してもらいながらチェックしても原因不明との結論。

メンテナンスに出す方が良いとアドバイスを受け、そうするつもりでしたが内心では”自然回復”を願っていました。

夜も遅くなってから、小さな望みを掛けて作動させてみたところ、見事に蘇っていました(笑)。

21世紀の座敷童子が住み着いてくれている様です。

繁栄の兆しと思われます。

どなた様も座敷童子と仲良くどうぞ。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.11.12 Saturday

迷子の携帯

今日12日の夜から携帯電話が迷子になりました(夕方には使ったのです)。

友人が電話をかけてみてくれましたが、呼び出し音が鳴つづけていたとの事。

さっそく、最寄りの交番に届け出、契約した電話会社に通信差し止め手続きを済ませました。

内部の情報は全部ロックしていただいたので、ひとまず安心したところです。

明日は思い当たりのある場所に行って迷子探しをいたします。

どなた様も携帯の管理にはくれぐれもご注意ください。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


| 1/3PAGES | >>