抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2017.10.05 Thursday

成長しても、ねんねこりん

子育て支援センターで出会ったママの中でいち早くねんねこりんを手作りされたママが「今も使っています」と言われて嬉しかったです。(下・写真2枚)

まひろちゃんねんねこりん

吉田さんねんねこりん

去年はすっぽり入っていました。

 

(下・写真2枚)そしてもう一組のママも去年の冬、お子さんをおんぶしてミシンかけをかけましたね。私も一緒に縫いましたのでその後上手に利用されている様子がわかります。

たつきちゃんねんねこりん

手作り阿部さん

その時々に合わせて、布幅を調節して使いこなしておられると思います。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2017.07.02 Sunday

ねんねこりんDE授乳

生後3カ月の赤ちゃん抱っこに親戚の人に縫ってもらった(六折)と言うスリングねんねこりんの使い方を新米ママに伝授いたしました。

(下・写真)初回からさっそく抱っこして授乳中のお姿が板についてます。

  六折使用授乳中

授乳ケープ購入を考えていたそうですが、しばらくこれで様子をみたいとおっしゃっていました。

出産の時のお話を少し聞く事が出来ました。陣痛が強くて、生み出したい衝動があってもなかなか分娩室に移して貰えず”よし、ここで産む”と思ったそうです。

この出会いから数日後、乳腺炎になって辛い上に、通ったおっぱいマッサージがとても痛かったとメールを頂き、「この子の為なら死ぬ気で頑張れます」と結んであり心を打たれました。

 

パソコン不調、アパートの天井からの水漏れによる引っ越しなど色々ありましたが、有り難くも赤ちゃん達にエネルギーを貰って7月を迎える事が出来ました。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 


2017.01.23 Monday

年はじめ

一月の”たまひよサロン”がありました。

産後の骨盤矯正をテーマに予想以上の参加があり、要求の高さを感じました。

助産師による実技付きの講座をママ達が熱心に受けている様子を写真に撮るのを忘れて、ねんねこりん子守姿だけを撮影していた私でした。

 

初めての抱き心地

(上・写真)市の保健師さんもねんねこりん初抱っこ

 

ネット購入しました

(上・写真)ねんねこりんホームページでネット購入のママ。使い方の確認を直接したかったとの事で、一緒に確認ができて安心いたしました。

手作り阿部さん 仕上げ縫い横から

(上・写真)先月訪問して一緒に自宅ソーイングをしたママです。

二階への上り下りに重宝しており、赤ちゃんも気に入っているとの事でした。

 

赤ちゃんに手を添えていらっしゃる皆さんの優しい抱き姿が共通しています。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.12.15 Thursday

家庭で縫う時間

一昨日訪問裁縫をした時の写真(下4枚)です。

 

 

Mさんが選んで用意された柔らかな雰囲気の色柄の二重ガーゼ布(上)です。

幸運にも半額セールだったそうです。良かった良かった。

 

サイズを決め、布をカットし、アイロンで8折にプレスと二人で共同作業後にミシン縫いに入りました。

 

 仕上げ縫い横から

ゆっくり丁寧に縫いあげました。

 

 完成

糸の始末も奇麗に終えて、完成です。

お疲れ様でした。

 

赤ちゃん籠送迎

4か月の娘さん(楓ちゃん)も同行して、私と裁縫道具を送迎して貰いましてありがとうございました。

 

ホームソーイングは楽しかったです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 

 

 


2016.12.12 Monday

出張準備・ミシンを箱詰め

以前からスリングねんねこりんを縫いたいと希望されていた若いお母さんから”今日布を買いました”と言うメールを頂き、明日さっそく一緒に縫う事に話がまとまりました。

 

ミシンを箱に詰めて、必要な裁縫道具一式をまとめ終わり、明日が来るのを心待ちにしています。

 

かなり不器用なのですが、とおっしゃっていましたが大船に乗った気持ちでどうぞと伝えました(笑)。

 

ベージュと茶色の小花柄の布を買ったそうです。

 

明日、お子さんの傍らで布選びの楽しい話を伺いながら縫いあげたいです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.12.09 Friday

防災兼用自分用ねんねこりん

「縫いました」と嬉しそうに見せて下さったK助産師さんのねんねこりん抱っこ姿(下・写真)です。

 高津さん抱き

共布で巾着袋も縫ったとの事、ねんねこりんが収納されています。

 高津さん巾着袋 

自分用のねんねこりんを縫う場合への布の選び方へのヒントとして、使う大人側のファッションを引き立てる、又はファッションの邪魔をしない、又は赤ちゃんを中心の色柄にするか、等を基本にすると良いでしょう。

 ガーゼ生地3色

大人のガーゼと言われて販売されていた二重ガーゼ布(上写真)3種類・左からライトグレー、ベージュ、ボルドーです。

 提案縫いあがり二本

子どもちゃん中心に選んだ布で作った提案ねんねこり(上写真)水色生地と卵色生地2本です。

 水色白りぼん生地

大人も子どもちゃんも楽しめそうな色柄(上写真)二重ガーゼ水色生地白リボン模様布。

 

ご提案一部でした。

 

パソコンやや不調気味の折、

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.11.22 Tuesday

赤ちゃん避難・備え

今日、早朝に起きた地震にヒヤリとしました。

 

小さな赤ちゃんを守らなければならない人達はどうしているだろうと脳裏をよぎりました。

 

避難者の数が1万4,000人に上ったとの事。

 

中には赤ちゃんを連れた人もあったと思います。

 

避難したくても、首の座らない赤ちゃんを一緒に連れて出られずに、避難しなかった人もあったかも知れないなあと想像しています。

 

近日中にまた地震が起こるかもしれないとの予想に負けずに、スリングねんねこりんが役に立ちますとアピールを続けなくてはと思った日でした。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.11.07 Monday

抱っこ・おんぶ講座

月例の子育て支援・たまひよサロンに参加しました。

今回のテーマは「抱っことおんぶ」。

モデル人形を使ってのK助産師の説明を聞きながら、親子協力して試していました。 

 抱っこ・おんぶ講座

 

 試し抱っこ

 

坂田さん母娘お試し

ねんねこりん初試しの親子さんも気持ち良さそうな抱っこ姿です。

 

講座で印象に残ったのは、赤ちゃんがママの身体にしがみつく事が出来る様に抱っこする、素手でおんぶ・抱っこが出来る様に!

 

グッズはそれを助けるという考えを持つ、という点です。

 

そして、抱っこする人も、される人も幸せホルモンとも言えるオキシトシンが分泌される・・大いに思い当たります(笑)。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 


2016.10.25 Tuesday

ねんねこりんを縫いたいママ

スーパーでバギー車を押したママに「良く眠っている事。可愛い寝顔ですね」と声を掛けたら「この前、たまひよサロンでうちの子をスリングで抱っこして下さった人ですよね」と返事がありました。

 

私は見事に忘れていて「思い出させていただいてありがとう〜」と笑いながら礼を云い、ねんねこりんの使い勝手の良さや作り方を説明し、希望があれば一緒に作りたい旨を伝えました。

 

そういう機会があれば是非作りたいと言われて私も気を良くして別れました。

場所の確保と日の設定を段取りして、まずはやってみるべし。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.10.06 Thursday

布を分けて進化

 簡易包帯シリーズ締めくくり編です。

 

八折のねんねこりん、一折巾分(約14僉砲鮴擇蟒个靴討睫い7幅(下写真・約100僉僕り、完全体のねんねこりんで抱っこする場合に比べても不自由はありません。

更に言えば2折巾切り出して二倍の包帯を作り、残り6折巾(約86僉砲任睚っこは可能です。

七面スリング 

 

進化二役

上写真・布を分け合って進化した一組。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


| 1/21PAGES | >>