抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2020.07.03 Friday

自然防災

防災放送が有り、雨への警戒呼びかけかなと思いましたが、違いました。コロナ感染者が一人確認されたとのお知らせでした。当事者やご家族の気持ちを考えて切なくなりました。

  北上川引き潮

(上・写真)今朝の北上川 石巻湾に近い為、引き潮の真っ最中で流れも速い

  庭先にボート

(上・写真)ご近所の庭先には、常時、ボートが準備されています

この地域は北上川に近い為、311震災の時は、腰から胸の高さまで浸水したそうです。

多様な災害に対して、自分の備えを見直す防災放送でもありました。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


2020.06.29 Monday

絵の様な、写真の様な 空

空の下川

(上・写真)旧北上川 開北橋近く きょうは絵画的な美しさです

雲が出ると空を更に広く感じます。石巻の私的観光名物、遮るものが無い天空、七変化の雲、布団も飛ばす強風。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 

 


2020.06.17 Wednesday

空と田んぼ

薄着で身軽に動ける季節、自粛生活は続きます。生協で出会った方は「震災の時より大変かも」と話され、もう一人の年配の女性は「お爺さんを一年前に亡くして一人で家にいるので、話し相手がいない。優しい人でね、顔も良かったのよ」と懐かしそうに「私も今は腰が曲がってしまったけど若い時は・・」等、長い立ち話になり、場を去りがたい様子でした。 

 雲川

(上・写真)生協近くの今日の大空

 稲成長

(上・写真)大空の下の田んぼ 

空を見上げたり、足元を眺めたりするのと同じ様に、行き交う人を思わずじっと見ているが事が多くなりました。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


2020.06.05 Friday

タンポポ追っかけ

 タンポポは菊の花と遠い親戚では無いかと思う位、花と葉っぱのギザギザ感が似ています。

 たんぽぽ

(上・写真)野外のタンポポ満開時

 しぼみ

(上・写真)咲き終わって、枯れた花びらが傘を閉じた様にしぼみ、下の綿毛に押し上げられる形で、まるで臍の緒が自然に取れる様にポロリと落ちます

 綿毛

(上・写真)膨らみ続ける綿毛

 綿開

(上・写真)膨らみで がく が裏返り始める

 綿毛開花

(上・写真)茎が枯れた後も満開の綿毛に変化して行きました

すっかり乾燥している綿毛ボンボンの匂いを嗅ぐと、干し草の香と軽いフローラル香水の様な意外な華やかさを漂わせています。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2020.06.01 Monday

芽生え◆.好ナ

心と体が二重生活している様な気分で夏入りしました。空を見上げたり、足元を見たりしていると気が落ち着きます。

 つくしのかぞく

(上・写真)スギナの芽が、アスファルト面を割って出てきたのに傷一つ有りません

スギナは、つくしと親子?どこにでも生えていて、知っているようで良く知らない複雑な植物です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


2020.05.30 Saturday

芽生え

幾つか芽が出たエンドウ豆、色々楽しめて超お買い得品でした。

 グリンピースざる

 芽生え

(上・写真)実(種)の外皮を突き破り、先に根が伸び、次に双葉が出ようとしています。

エンドウ豆はちゃんと自分の養分で、ここまで成長していました。凄いなあ。豆ご飯で頂きました。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


2020.05.29 Friday

石巻 馬っこ山から

駆け込み五月晴れの今日 馬っこ山に登りました。田植えが済んで大地は瑞々しい姿です。

 風薫る五月うまっこ山

(上・写真)石巻の空・海・山・川・田畑 のんびりと浮かぶ雲も味があります 

練習を重ねた鶯が七色の囀りを聴かせてくれ、初夏の日差しが心地よい道中でした。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


2020.05.25 Monday

夏を呼ぶ花

良く通りかかるお宅の、季節の花々に癒されます。

 夏花アップ

(上・写真)南国を思わせる見知らぬ花が、石巻に咲いています 

 一輪姿

(上・写真)大輪の花火の様な姿で、一輪の花なのか不明です

 花枝葉

(上・写真)花の枝葉全体の姿 蔓枝に見えます。

花の名前を知りたいのですが「初夏の花」で検索しても出て来ませんでした。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


2020.05.21 Thursday

行儀の良い花

花瓶の花の変化が面白く、初めて気づいてびっくりしたので写真に残しました。 

 花見ごろ

(上・写真)花の最盛期は過ぎ、茎の付け根部分が僅かに膨らみ始めています

 しぼみ始め 

(上・写真)散るかと思った花びらが内巻きに萎みます

 しぼんだ

(上・写真)更に萎み、フリージアの様なシルエットに・・

   捻り立

(上・写真)花が落ちる前から捻りが始まっています

 落ちた花しぼみ

(上・写真)花ごとポトリと落ち、捻りが続いています

 捻りが綺麗

「(上・写真)落ちてから左が古く 右が新しい・・時間ごとに捻りの強さと花の色が変化

 並んだつぼみ

(上・写真)左から右へ古い純に並べました 「こより」の様な見事な捻りです

 残った茎

(上・写真)花が落ちた後の茎に 種のさやが膨らみ続けます

行儀の良い花の親子です。

ブログへのご訪問有難うございます。(千)


2020.05.18 Monday

筍お礼マスク

鳴子の山の筍、取り立てを直ぐに下ごしらえをして持参して下さったので、新鮮そのものでした。ガブリとかじってみました。歯ごたえも春の柔らかさでした。ご主人は山で、奥様は台所で良い仕事をなさり、私はご馳走になりました。

 タケノコ外側

 

 筍中側

 

 ご夫婦マスク

(上・マスク写真)筍を頂いたお礼に縫いました 

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)


| 1/32PAGES | >>