抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2019.09.17 Tuesday

ねんねんさいさい

  年年歳歳を声に出してみると子守歌の様な響きを感じます。

この度の台風被害に遭われた方々へお見舞いを申し上げます。

 

  うろこ雲

 うろこ雲が秋を連れて来ました。

 松の子

 大収穫の松ぼっくりです。

 

 木登りしたい松枝

 木登りにピッタリの枝ぶりの松。

 

 運河沿い小川

 夏中次々に咲いていた蓮の花、まだ蕾がありました。

 

 針トンボ

 待ち針の様なトンボが洗濯物に留まっていて、縫い物が好きな私の運気が上がった気がします。

 

ブログへの御訪問ありがとうございます。(千)

 


2019.08.04 Sunday

盛夏の祭り

 暑中お見舞いを申し上げます

燃える様な暑さが始まった七月末日と八月初日の二日間、川開き祭りが開催されました。 

 火の花

(上・写真)商店街に咲いていた炎の様な花

 抱っこして通る

(上・写真)普段は人通りの少ない大通りも川開きの日は賑わいます。私はお子様連れの方に目が行き、ねんねこりんスリングをお勧めしたくなるのでした。

 ヨーヨー釣り 

(上・写真)ママが見守る中、上手に引っ掛けている息子さん。

 お面

(上・写真)「お面買いたい〜!」・・お祭りを盛り上げる面々。

 花火馬っこ山

(上・写真)去年に続き、馬っこ山から花火を楽しみました。静かに花火が光り、その後に音が聞こえるので目が離せません。真っ暗な新月だったのも良かった様に思います。

ブログへの御訪問ありがとうございます。(千)

 

 


2019.07.28 Sunday

真夏が来た

スイカが丸ごと到来しました。スイカ富豪体験をして大満足です。

 スイカ割り

 

 川開きポスター

(上・写真)歴史のある川開き祭りが数日後に控えています。平日開催なので、おとな達はきっと仕事しながらもソワソワ気分でしょうね。夏休みの子ども達も、取って置きの楽しみかな。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2019.07.04 Thursday

モヨ・チルドレン・センター(MCC)からのゲスト

ねんねこりんワークショップを行っているレインボーハウスで開催された講演会(下・チラシ写真)に行って参りました。ベリーショートヘアがお似合いの松下照美さんによる25年に及ぶアフリカ・ケニアでの活動談話です。

 

 チラシ

現在24名の居場所の無い男の子たちを養育されており「わたくしの子どもたち」と言う表現を聞いて、DVDを観ながら私も子どもの一人になった様な安心をおぼえました。活動の詳細は欄末のMCCホームページアドレスから御覧ください。

 ハンカチタグ 

MCCには旧友もかかわっていると知り、更に今回石巻まで松下さんに同行のIさんも7年前に当地でお世話になった方だと判明し、改めてお礼を述べた一幕もありました。

ケニアの現地に行きたくてもそれが出来ない私たちの石巻までお越しいただいて有り難い限りです。これらの出会いのきっかけを下さった・・10日ほど前からチラシを持参してお誘い下さった地区の友人Aさんに感謝しております。

昨日夕方Aさんが「先に行ってますね」と立ち寄って下さった時、私はねんねこりんの共布で松下さんへのプレゼントハンカチを縫っていたところでした。

「あきらめない」「待つ事をこころがけた」「問題があると燃える性質です」と話されたのが印象に残りました。ちなみに女性の松下さんですが、髪は自分でバリカンを入れるそうです。ケニアでは日常めったに鏡を見ないのでたまに見ると「あなたはどなた?」と思ってしまうそうです。80歳代になったら子ども達の自立の道筋を見つけたいと抱負を述べられました。

陶芸で培われたのか、握手の時握力が強い人だと感じました。

益々のご健闘を願っております。

モヨ・チルドレン・センター

ケニアの子どもたちに寄り添い、居場所を作り、自立を支援するNGOです。https://www.moyochildren.com/

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2019.06.30 Sunday

我は梅の子角田の子

角田(かくだ)の梅祭りを楽しんだ友人から、もぎたての青梅をいただきました。

 梅とリンゴ 

(上写真・追熟効果を期待して真っ赤な青森リンゴと隣り合わせ・・自己流)

梅干用の塩漬けと、少し残して初めてリンゴ酢漬けも作りました。梅雨明けの夏バテ予防に使います。

我はウメの子リンゴの子〜♪、元気で夏を出迎えましょう。 

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2019.04.23 Tuesday

ご褒美

 冬を頑張った甲斐がありました。

 桜と中瀬

山笑い人笑う・・雪の季節と比べたらちょっとはしゃぎ過ぎですが、これが春。

”世の中に たえて 桜のなかりせば 春の心は のどけからまし” (在原業平)

ブログへのご訪問ありがとうごあいます。(ち)

 


2019.04.16 Tuesday

春の妖精たち

愛でるのに忙しい花季節です。馬っこ山からの景色もなかなかの春惚け。足元の黒土の柔らかい小山はたぶんモグラが・・地上は眩しかったでしょうね。(下・写真)。

 馬っこ山から石巻市内

登り30分ほどの山道に見慣れた花を見ようと、何回もしゃがむので運動になります。

 白い妖精

 すみれエフェメラル

 ホトケノザ いぬふぐり

 蕗の花

春先につかの間の開花をする可憐な花たちを総称してスプリング・エフェメラル(春の妖精たち)と言うそうです。いっぱい出会っておきたいですね。写真の蕗の花は蕗味噌にして食べています。苦味が増していて美味いですよ。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(ち)

 


2019.03.03 Sunday

大きな川

♪〜山に来た里に来た川面にも来た〜♪

 春の川面

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。(ち)

 

 


2018.08.26 Sunday

夏祭り

五家族位入居されていたでしょうか、小さな公園に在った仮設住宅が取り壊されて初めての夏祭りが開かれました。お年寄りや子供を連れた家族、少年・青年、予想以上の賑わいで地域に子ども達がこんなに多かったのだなあ、と嬉しい限りでした。

 夏祭り 

公園に暮らしておられた元住人の方々のご健在を願う晩でもありました。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2018.08.19 Sunday

ザリガニ君

何十年ぶりにザリガニに出合いました。いつもの用水路の水が干上がっていて何匹も動き歩いています。

ザリガニ

カメラを近づけると”これが目に入らぬか”とばかりに両手ハサミを上げて威嚇のポーズで固まったままです。

ザリガニ威嚇

恐れ入るほどの迫力に私はすぐに退散。ザリガニ君も年に一度の夏なのだ!

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 


| 1/28PAGES | >>