抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2018.12.07 Friday

畳み方が分かり易かった

 ねんねこりんの畳み方を前回のブログでご紹介致しました。それをご覧になった御質問者のMさんからメールを頂きましたので、ご了解の元にその文面を転載させていただきました。他の方にも共通する思いがあるかも知れませんね。Mさん有難うございました。(転載開始)『写真付きで分かりやすく、しかも2パターンも教えていただき感激しております。ありがとうございます。ブログを拝読して”私が知りたかったのは折り目の辿り方だったのか!”と気付きました。肩掛け部分を手首にかけると迷走しなくなるのですね!勉強になりました。1つ目に紹介されていた畳み方は簡単にまとめられて便利だと感じました。どちらにしても持ち運ぶ際には巾着袋に入れれば良いのだというのがまた目から鱗でした。これでタイトにまとめて持ち出せるようになったので今後もねんねこりんを活用させていただきます。』(転載終了)

  収納形

 先日のねんねこりんワークショップでは、お縫いになったねんねこりんスリングと共布で、さっそく巾着袋を縫っておられました。以前から、巾着袋の収納姿が私にはお腹に赤ちゃんが納まっている子宮みたいだなあと思っていました。収まり具合の良いお似合いのセットですね。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2018.11.29 Thursday

ねんねこりんの畳み方

 ねんねこりんの畳み方を知りたいとのメールを頂いてから3週間ほど経ちました。「ねんねこりんには子どもの新生児期から大変お世話になっております」との有り難いお言葉も添えてあり「ねんねこりんをうまく畳むことができません。どうしてもシワクチャになってしまいます。うまく畳む方法やコツがありましたら教えていただきたく・・」との新鮮なご質問を受け、ねんねこりんワークショップに集うママ達はどう対処しているかのか聞いてみました。取り易い所に掛けておくだけ、ぱらっと置いている、との事で、敢えて畳むことはしていないそうです。今回は、普段私が持ち運びしている時の2パターンの収納方法手順を写真でお伝え致します。

〔 パターン  

 くたっと置いた 

   檻院,たっと広げる

 

 肩掛けから折り巻く

   檻押仝掛け部分を芯にして折る

 

 板状に折る 

   檻魁々垢棒泙

 

 葉巻き状完成

   檻粥〕婀状に折り終わる

 

 片方を折り曲げる

   檻機(卻を折る

 

  もう片方も折る

   檻供,發κ卻も折る(パターンヾ粟)

 

  収納形

    手持ちの巾着袋に収納形

 

〔 パターン◆ 

   折り目に沿っており戻す

  ◆檻院\泙衞椶鬚燭匹螳廚じ掛け部分を手首に掛けて、折山に沿って折り目を揃えていく

 

    折進む

  ◆2 肩掛け部分を手首から向こう側に移動させ、折り目に沿って更に折揃えていく。だいたい片側が揃ったら、次は反対側を・・。

 

  もう片方も折る

  ◆檻粥“紳仟Δ任后0靴ぐ廚ね佑房蠎鵑乏櫃韻晋掛け部分を裏返して掛け直し、折り揃え始める。

 

  帯状態を下げてみる

  ◆檻機〆任皀轡錺チャになり易い”赤ちゃん収納部分(肩掛けの対極側あたり)”を両サイドからピッピッと引っぱり延ばして、折り目を大体揃える。

 

  肩掛け部分から巻く

  ◆檻供仝掛け部分を芯にして巻く

 

  ロール状完成

  ◆檻掘ヾき終わり

 

  巻き完成

    パターン完成

 

  巾着袋に収納

  手持ちの巾着袋に入れる

 

  収納形

        収納形

 

 以上、ご不明の点がありましたら、どうぞご連絡ください。尚、肩掛け部分を美しく正しく縫い上げる為に縫製の各段階で全ての折り目にアイロンを掛けております。使い始めた後は肩掛け部分に美しさが残る仕組みです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2018.09.30 Sunday

ねんねこりんdeお孫ちゃん

四国の友人から、”大活躍”してますよ、とねんねこりん姿の写真が届きました。

 越智さんお孫ちゃん2か月

4男を出産された娘さんの御産の看病も順調に終わったとの知らせに頼もしい限りでした。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 


2018.01.19 Friday

お祝いスリングで

 

一昨年、弘前市内の保育園のママ達と一緒に、ねんねこりん縫製をしました。その時のママが自分の後輩ママへの出産お祝いに手作りねんねこりんをプレゼントして喜ばれたとの事。「愚図っていた時ねんねこりんに入った途端に泣きやみ夢の中へ・・ねんねこりん効果凄かったです」と嬉しいメールをいただきました。(下・写真)ママの御顔をじっと見上げている可愛い赤ちゃん、ちょうど抱っこし易い大きさにご成長ですね。後輩ママにお似合いの布選びです。御出産おめでとうございます。沢山抱っこして下さい。

 

 弘前キリンさん後輩 

ねんねこりん抱っこ姿をブログでご紹介出来るのが何よりも嬉しいです。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2017.02.14 Tuesday

地産地消地育便り

去年、青森県弘前市の保育園で出張ねんねこりんソーイング教室を致しました。
私は縫い方を教える気軽な先生役でした。

その時のママ(愛称・弘前キリンさん/下写真)から励まされる近況メールを
頂きましたのでご紹介いたします。

 きりんママ

先生こんばんは☆お久しぶりです。
お元気ですか?
弘前のキリンでーす‼️

嬉しい事に後輩の出産ラッシュです❤️
4月に生まれる、女の子❤️ということで、春をイメージした「ねんねこりん」作って
みました。

今回は抱っこマットも作ってみました‼️
来週、渡しに行く予定です。

弘前春スリング  弘前抱っこマット  

 スリングねんねこりん               抱っこマット

 

弘前キリンさん、ありがとうございます。

ねんねこりんの使い良さを上手に伝授される事でしょう。

プレゼントされた妊婦さんは、ねんねこりんで早く赤ちゃんを抱っこしたいでしょうね。

理想的な地産地消&地育だと思いました。

後輩の方の御安産を願っております。

 

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.12.13 Tuesday

御宅で共同縫製

今日は予定通りに出張スリング縫製が実現しました。

 

ミシンなど私が使い慣れた道具を車で運んでいただき、スムーズに進みました。

 

4か月の赤ちゃんに授乳したりオムツを替えたり、あやしたり、寝かしたりしながらの若いお母さんが縫物をする姿は、育児の延長の様に見え、御宅に伺っての共同作業は静かな充実した時間でした。

 

帰宅後に頂いたメールに、自分で縫ったねんねこりんは愛着が湧き、さっそく二階への移動時や夜の寝かしつけに使っていますと書いてあり、暮らしの色々な場面で使いこなして行かれる予感が致します。

 

ちなみに買い求められた布は親子さんにお似合いの色柄でした。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 

 


2016.11.16 Wednesday

ねんねこりん大人使い

 

 ねんねこりんおとな使い

”大人のピンク”と名付けらた二重ガーゼのねんねこりんをマフラーにしている友人、帽子も手作りだそうです。

 

ねんねこりんの肩掛け部分を、必要に応じてマスクの様にして使うのだと教えてくれました。

 

それは初めて耳にしたアイデアでした。私も試してみたいです。

 

肩掛け部分が口元にきているのはその為だったのですね。

 

アイデア次第で色々な大人使いが出来そうで、これからも楽しみです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.11.06 Sunday

おばあちゃん

先日顔見知りの若いママに声をかけていただき「うちの御祖母ちゃんに”ねんねこりん”抱っこおびを縫ってと頼んだら、縫い方が悪くて事故になったりしたら怖いから買いなさい、と言って買って貰いました。便利に使っています」との事でした。

 

おばあちゃんの想いも良く理解できます。(プレゼント購入ありがとうございます)

 

多くの御婆ちゃん達に、お孫さんへの多彩な心情が御有りなのだろうなあ。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 

 

 

 


2016.08.08 Monday

ねんねこりんデビュー

月に一回の「たまごひよこサロン」に行って来ました。

 

近くの保育園で、テーマは母乳の話。

 

出産真近の妊婦さん・生後数カ月の赤ちゃんとママ・6組、助産師など保育助っ人7人(内行政の保健師さん1人)の参加がありました。

 

裾野の広い今日のテーマ「母乳の話」をうなづきながら聴きました。

 

質問受けタイムもあり「聞きたかった事を聞けた」と感想をいただきました。

 

今日は赤ちゃん見守り役の助産師さんが三日がかりで作り上げたねんねこりんをお披露目いただきました。

 

   吉田さんねんねこりん

(写真の三人様はスリングねんねこりんファンです)

 

自作のねんねこりんで赤ちゃんを抱っこしている助産師さん、抱っこデビューです。

 

赤ちゃんも安心した寝顔です。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 

 


2016.08.02 Tuesday

ねんねこりん布・下準備

暑中お見舞いを申し上げます

 

当ブログのコメント欄に、ご質問メールを頂きました。

 

「二重ガーゼについて、縫う前に水通ししなくても良いかどうか知りたい。以前ガーゼ布を洗った時に縮んだ事があったので心配。縫う本に書いてあったサイズは縮み分も考慮されたサイズかどうか。」と言う事でした。

 

確かにガーゼは織り目が粗いので、洗うと縮むのですが、アイロンをかけたり重みのある物で引っ張られたりしていると伸びるのです。

 

洗って縮んだぶん程度は、重みのある赤ちゃんを抱っこしているうちに又伸びると思います。

 

当初は私も布の色落ちや縮み具合を知る為に、全部の布を水通ししていました。

 

経験から、購入してまだシャキッとした布生地を縫製した方が、扱いやすいです(色落ちは確認できませんが)。

 

縫う本に提案した(用意する)布のサイズは縮み分の考慮はしていません。

 

ただ、自分のねんねこりんサイズを決める時に”大きめのサイズ”をお勧めしています。

 

おおまかに、布の縮み、使う人の着衣の多い少ない(季節で変わる)、抱っこする人・される赤ちゃんの体格体重の変化を考慮しての提案です。

 

幸いな事に、ねんねんこりんスリングはワンサイズ大きくても小さくても使用可能です。

 

大きめのサイズの方が赤ちゃんの抱き外しが楽です。

 

「なつ様」・・二度もメールをいただきまして有難うございました。

 

返信が大変遅くなりました事をお詫び申し上げます。

 

縫う本のご購入、ご質問をありがとうございました。

 

又いつでも御質問をお待ちしています。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


| 1/10PAGES | >>