抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2018.12.12 Wednesday

3月11日、4月11日

 昨日は冷える日でしたので、自転車で行ける近くの温泉に温まりに行きました。幸い、平日の大浴室は空いていました。私がこれぞとばかりゆったりと湯船に浸かった傍に、6歳位の女の子二人が若いお母さんの回りで”温泉”しています。「気持ちがいいねえ、温泉好きなの?」と女の子に聞くと頷きます。お母さんが「そうなんです。赤ちゃんの時からお風呂好きな子たちでした。上の子は4月11日の地震の時に生まれたので停電で産湯は使わないまま血まみれでタオルに包まれていましたが・・。」と思いがけない話をされました。3月11日の本震の日は大きなお腹を抱えて無事だったが、丁度その一ヶ月後に産院の分娩ベッドでお産の最中に予震が有り、あと何回かのいきみで生まれると言うタイミングの時に大きな揺れでベッドごと部屋の隅に飛ばされたので、産院のスタッフ皆で彼女が仰向けに寝たままのベッドを持ち上げて元の位置に戻してお産の介助が続行されたのだそうです。「それまで赤ちゃんの頭半分出ていたのですが、陣痛が止まってしまいどうにもならなくて、先生が道具で引っ張りだしてくれました。」と、お母さんの説明で私はようやく、赤ちゃんが”血まみれでタオルに包まれて”いた事情が理解出来ました。赤ちゃんは産道からの出血(頭を引っ張る処置をするために会陰部を切開した傷から出血)を浴びていた様です。そしてもう一つ納得したのは「生まれた時はひょろ長〜い頭でしたが、少しずつ頭らしい形に戻りました。」との事から、陣痛が止まっていた間、赤ちゃんの頭は産道に挟まれた状態だった事に加えて、医師が道具で引っ張り出したと話されましたので、赤ちゃんの頭の構造に生来備わっている”応形機能(状況によって形を合わせて応じる機能)”を発揮した様です。最終的には本来(ご先祖様由来)の頭の形におさまります。私たちの体は巧く出来ているのですね。さて、若いお母さんはその翌年も出産され、御子さんは7歳と6歳の年児ちゃんと分りました。力強いご家族に出合って心も体も温かくなった震災月命日でした。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2018.08.28 Tuesday

骨盤の調整

 子育て支援センター、8月の「たまひよサロン」は妊婦さん向けの”骨盤調整”講座でした。腹筋の緊張を和らげる四つん這い姿勢での床拭きデモンストレーション中もママから離れない御子さんを気遣いながら、ゆるやかに次の出産に備えていらっしゃいました。

 

 四つん這い親子で 

赤ちゃん返りに上手に対応して、元気でお産をされる事と思います。

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2018.04.01 Sunday

わたし、昨日うまれました

3月31日10:03分、同僚に女の赤ちゃんが産まれました。今日はさっそく面会に伺い「安産でした」と本人から聞いて何より安心しました。赤ちゃんは上手に寝息を立て、時々上手に泣いていました。パパと1歳のお兄ちゃん、4歳のお姉ちゃん達の立会の元にうまれたそうです。ようこそようこそ。

 昨日産まれました

出産の前日、ママは一生懸命に庭の草取りをしてお産の体の準備をしていたそうです。イメージしながら備えをするのは大事ですね、と感想を語ってくれました。

今日は(本当の)ニュースをお伝えしました。

 

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠ 

 

 

 


2017.08.26 Saturday

じょさんしフェスタ

8月20日・日曜日、仙台市内で助産師フェスタが開かれました。

景品準備 

(上・写真)開催準備中の助産師諸氏

 

抱っこおんぶ案内

私は複数のスタッフと一緒に「スリング 抱っこひも おんぶひも お試し会」コーナーを担当しました。

 

おんぶ紐でおんぶ ねんねこりん塩野先生

(上・写真)「ひも一本でどうやっておんぶするのですか」と聞かれて、「おすわりが出来る月齢の赤ちゃんから使用できます」とその方のお子さんをおんぶして説明した後、実際におんぶして貰いました。「楽ですね」との感想でした。興味を示された方にはねんねこりんの使い方もお伝えする事が出来ました。

 

丸く抱っこ

(上・写真)新生児の自然な姿勢で丸く抱っこの見本を示すスタッフ

 

リングスリング

パートナー同伴の妊婦さん、子育て中のパパママ、おばあちゃんと共に三世代で来られた方などから、おんぶ抱っこグッズを手に色々な疑問点から質問が出ました。それに答えるスタッフの説明を聞いていて私も勉強になりました。皆様ありがとうございました。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.10.13 Thursday

産活

産婦人科の医師数が少し増えて、1016年1月時点で1万1461人になったそうです。

 

この数年、医師の総数約30万人、看護師・准看護師約100万人、小児科医約16万人、歯科医師約10万人、薬剤師約27万人、保健師約4万3000人、助産師約2万8000人程度で推移している中で、出産を扱う産婦人科医だけが桁違いに少ないのに驚きます。

 

1015年の出生数は100万5655人と知り、この数の命を守り迎える産科医は過酷な日々と想像します。

 

生む人、あかちゃんはもっと大変です。産科医が一人でも増えます様に・・。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.08.31 Wednesday

台風と御出産

台風に気を奪われていた30日の朝、一気に元気が湧くメールを頂きました。

 

生まれるDVDを7月に一緒に観た後、御産の為に里帰りされた方からです。

 

”予定より2週間早かったけど28日に元気な男の子を出産しました。お産は想像を超える程大変でしたが、今は幸せでいっぱです”と、順調な出産だった様子がすべて含まれた文面に、台風何するものぞと強い気持ちになりました。

 

赤ちゃんも潮の満ち具合や気圧の変化で生まれる気分になったのかもしれません。 

 

私のインターネットの不具合が続いた事も、台風の影響だと思って見る事にしましたが、さて。

 

最後になりましたが、この度の台風被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.08.19 Friday

産後ブルーの原因

 

 ブールデル木彫り

出産3か月後あたりから心身の辛さに限界を感じたママから話を伺う事が出来ました。

 

予想した通り、お産前、お産中、産後ともに問題を抱え続けておられました。

 

母乳育児でもあり、身辺を任せて頼れる人が無く育児と家事で心身ともに疲れてしまったとの事。

 

赤ちゃんの顔を見て泣いてしまうと言います。

 

御自分から「産後の床上げまでは体を大事にしなくてはいけないと聞いてはいましたが、その通りだったんだなあと産後休みなく動いて来て今実感してます」と振り返って語られました。

 

彼女は氷山の一角だと思っています。

 

どうぞ、自分の方から外に助けを求める力は残して置いて下さい。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠

 


2016.08.10 Wednesday

産後ブルー

 

 空とヒマワリ

産後三か月になる知人の友達が辛い気持ちを抱えていると知り、ご本人は体も気持も緊張続きだったのだろうと察しています。

 

初対面で気持ちをほぐす事は至難の業でも、私の手足を駆使して体をほぐす事はできると思うとじっとしていられない気分です。

 

赤ちゃんとの初めての夏の空を実感して欲しいです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.07.28 Thursday

生まれるDVDを見て

昨日は、9か月前に出産したママと、里帰り出産を控えている妊婦さん達と一緒に”生まれるよ”の映像を見ました。

 

見終わった感想は「切らずに生むことが出来るんですね(会陰切開の事)」「生まれた赤ちゃんは血まみれかと思っていたけど違うんですね」と、とても具体的な感想でした。

 

この二つの感想に応えれば、自然な出産についてほとんどの説明が出来るなあと思いました。

 

帰宅後に「とても良いDVDで、出産頑張ろうと思いました」とメールをいただきました。

 

心強い味方・DVDです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


2016.07.24 Sunday

DVD「うまれるよ」

仲間の助産師さんが女の子を出産され、お貸ししたDVDについて「産後もまた自身のお産を振り返りながら、再度視てみたら、産前とまた違う感覚でした。不思議ですね・・」と添え書きが付いてDVDが戻って来ました。

 

今度は里帰り出産で帰省真近の妊婦さんと産後数か月のお母さんと一緒にDVDを視る予定ですので、それぞれの感想が楽しみです。

 

例え映像でも、現代では自然出産(そして自然死・・どちらもコインの裏表!)を知る・視る機会は少ないかも知れないと思いました。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。㋠


| 1/5PAGES | >>