抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2019.03.25 Monday

いのち学際

生命躍動の春、メールマガジン”お産のおなべ”からの情報を転載致します。

          梅満開

(転載開始)

性教育、人口、不妊治療について、様々な分野の参加者で議論する学際的な研究会のお知らせです。
どなたでもご参加いただけますので、参加フォームにてご登録の上、是非ご参加くださいませ。
参加フォーム
【人口学会東日本地域部会プログラム「性に関する情報と人口」】
日時 2019年3月30日(土)13:30-16:30
場所 東京大学本郷キャンパス 医学部教育研究棟 13階 第6セミナー室
建物の入り口は東側(地図の上側)にございます。赤門を入り本郷通りを背にしてまっすぐ進み、植え込みの後ろにある医学部2号館に突き当たったら右方向にお進みください。正面に見える14階建ての建物が医学部教育研究棟です。入口は開錠されています。エレベーターで13階までお進みください。
 座長:森木美恵(国際基督教大学)
各報告30分+質疑応答10分  
13:30-13:40 小西祥子(東京大学)「企画セッション『性に関する情報と人口』の趣旨説明」
13:40-14:20 林玲子(国立社会保障・人口問題研究所)「『包括的性教育 (Comprehensive Sexual Education)』をめぐる国際的な議論について」
14:20-15:00 橋本紀子(女子栄養大学)「世界から見た日本の性教育−日本のジェンダー・セクシュアリティ教育を国際的視野から問題にする」
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 赤川学(東京大学)「明治期の性教育言説: 性情報空間の変遷に着目して」
15:50-16:10 討論 仙波由加里(お茶の水女子大学)
16:10-16:30 総合討論
趣意文
少子化が継続する日本では、世界でもっとも多くの不妊治療が行われている。治療によって挙児を得るカップルがいる一方で、精神的・身体的・経済的負担を抱えながらも挙児を得られない者も多い。諸外国と比較して日本ではより長い期間にわたって不妊治療を継続する傾向があり、養子縁組をすることや子どもを持たないことなど多様な選択肢から男女が積極的に選び取る状況には至っていない。このような現状は、日本における性や妊娠出産に関する情報のあり方と関係しているかもしれない。なぜならこれらの情報は性交や避妊といった性行動をはじめとして、子どもを授からない場合の対処方法(どのような不妊治療をどのくらいの期間受けるのか、養子縁組を考えるか、夫婦で生きていくことを選ぶか等)にも影響を及ぼすからである。本セッションでは、学校や家庭における性教育および、一般向けの書籍やウェブサイト、マスメディアにおける情報等について、世界と日本の対比、日本における歴史的変遷を軸としながら、現在の日本における性に関する情報の特徴を整理し、人口との関連について議論したい。
小西 祥子    Shoko KONISHI, PhD
東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻人類生態学教室 准教授
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学医学部3号館別棟W603
tel: +81-3-5841-3487
(転載おわり)
ブログへのご訪問ありがとうございます。(ち)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック