抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2019.07.04 Thursday

モヨ・チルドレン・センター(MCC)からのゲスト

ねんねこりんワークショップを行っているレインボーハウスで開催された講演会(下・チラシ写真)に行って参りました。ベリーショートヘアがお似合いの松下照美さんによる25年に及ぶアフリカ・ケニアでの活動談話です。

 

 チラシ

現在24名の居場所の無い男の子たちを養育されており「わたくしの子どもたち」と言う表現を聞いて、DVDを観ながら私も子どもの一人になった様な安心をおぼえました。活動の詳細は欄末のMCCホームページアドレスから御覧ください。

 ハンカチタグ 

MCCには旧友もかかわっていると知り、更に今回石巻まで松下さんに同行のIさんも7年前に当地でお世話になった方だと判明し、改めてお礼を述べた一幕もありました。

ケニアの現地に行きたくてもそれが出来ない私たちの石巻までお越しいただいて有り難い限りです。これらの出会いのきっかけを下さった・・10日ほど前からチラシを持参してお誘い下さった地区の友人Aさんに感謝しております。

昨日夕方Aさんが「先に行ってますね」と立ち寄って下さった時、私はねんねこりんの共布で松下さんへのプレゼントハンカチを縫っていたところでした。

「あきらめない」「待つ事をこころがけた」「問題があると燃える性質です」と話されたのが印象に残りました。ちなみに女性の松下さんですが、髪は自分でバリカンを入れるそうです。ケニアでは日常めったに鏡を見ないのでたまに見ると「あなたはどなた?」と思ってしまうそうです。80歳代になったら子ども達の自立の道筋を見つけたいと抱負を述べられました。

陶芸で培われたのか、握手の時握力が強い人だと感じました。

益々のご健闘を願っております。

モヨ・チルドレン・センター

ケニアの子どもたちに寄り添い、居場所を作り、自立を支援するNGOです。https://www.moyochildren.com/

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック