抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2020.06.14 Sunday

玄米も育つ

玄米が芽を出しました。気候にもよりますが、この季節だと洗った玄米を二日間ほど水に浸けておくと発芽を認識できます。

 玄米

(上・写真)乾燥している玄米

 発芽玄米

(上・写真)玄米を水に浸して二日目  炊いて食べるタイミング

 発芽

(上・写真)発芽 水から出して見た 二日目の発芽玄米

 稚稲

(上・写真)四日目 新芽の後に根が出ます 保湿と根の安定に木綿わたを浸して敷きました

 籾

(上・写真)籾(アーモンド形) 産毛が有ります 額の様な物も有ります 

 籾はくっつく 

(上・写真)布に垂直にくっついている籾

米農家に育った私ですが、玄米も育つ事を知りませんでした。”籾殻の役目は?”と疑問になり、虫眼鏡で籾を良く見たら、産毛がびっしり生えています。マジックテープのくっつき作用と同じ役目をしています。原始の稲は動く動物にくっついて増えてきたのかも知れず、籾の殻は湿気や傷み、病気から実を守る為の、人間で言えば洋服の代りかな。ちなみに籾は稲の果実だそうです。知らない事ばかりです。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


コメント
コメントする