抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2020.07.26 Sunday

コロナと授乳についての情報

長文ですが、メールマガジン「お産のお鍋」から配信された内容をコピー転載してお知らせします。

AAP(American Academy of Pediatorics)=米国小児科学会

(転載開始)

マルチメールです失礼します。

AAPがCOVID-19の母親の方針を母子同室、直接授乳を推奨する、に変更しました。

当初の推奨は中国からの情報しかなかった時期に作成した慎重なもので、その後の状況の変化に基づいて変更したということです。

 

米国小児科学会:COVID-19が疑われるあるいは確定した母親の取り扱いに関するFAQ  2020年7月22日改定
AAP: FAQs: Management of Infants Born to Mothers with Suspected or Confirmed COVID-19
https://services.aap.org/en/pages/2019-novel-coronavirus-covid-19-infections/faqs-management-of-infants-born-to-covid-19-mothers/

現在知られている限定的な根拠に基づき、以下の「よくある質問」は、COVID-19が確認された、または、疑われる母親から生まれた新生児の管理に関する初期のガイダンスを提供する。

このアップデートで何が新しくなったのか?

最初のAAP新生児ガイダンスは2020年4月2日に出された。それは、世界的なパンデミックの始まったころで、SARS-CoV-2が非常に伝染性であり、感染した人が重篤になる率や死亡率が高くなる可能性が明らかになったときであった。それ以来、公開されたエビデンスおよび「周産期COVID-19感染のサーベイランスと疫学のための国内登録」に提供されたデータにより、周産期疾患のリスクについて、さらなる情報がわかってきた。
このアップデートでは、病院職員向けの感染防止対策に関するガイダンスはほとんど変わっていない。 現在のエビデンスの理解に基づいて、感染している母親とその児の分娩施設入院中の管理に関するガイダンスと、NICUの面会に関するガイダンスを更新した。新生児の管理については、さらなるエビデンスが得られるにつれて、このガイダンスに改定が加えられることを期待している。
(以下一部を翻訳)
母親と状態のよい新生児は同室できるか?

最初のAAPガイダンスでは、新生児が感染するのを防ぐための最も安全な手段として、感染した母親から新生児を一時的に隔離することを推奨した。周産期および出産後の新生児感染のリスクが不明だったため、この慎重なガイダンスが提供された。パンデミックの初期には、入手可能な唯一のデータは中国からのものであり、中国では普遍的なアプローチは感染した母親からすべての新生児を即座に分離して、14日間隔離することだった。
SARS-CoV-2の検査で陽性となった母親から生まれた新生児に関する数ヶ月にわたる国内および国際的な経験の後、SARS-CoV-2感染の直接的な結果として、出生時の分娩施設入院中に死亡した新生児の報告はなかった。周産期COVID-19の国内登録にある1,500を超える母子の中で、新生児がSARS-CoV-2のPCR検査で陽性となる割合は、母親から分離されている新生児と、感染予防対策を行いつつ母親と同室している新生児で同じであった。
今では家族に対して、母親の感染性呼吸器分泌物から新生児を保護するための予防策を講じれば、分娩施設入院中に新生児が感染するリスクは低いことを示唆する証拠があると知らせることができる。このリスクは、感染防止対策を実施しながら母親と新生児が同室する場合、新生児と母親とが同じ部屋にいて、物理的に距離を取る場合と比べて、大きくないと思われる。
COVID-19で重症の母親は、安全な方法で新生児のケアができない場合がある。そのような場合には、母親と新生児を一時的に分離するか、または母親の部屋で感染していない養育者が新生児のケアをすることが適切かもしれない。
現在、COVID-19が確認されているか疑われる母親とその新生児のケアについて、次のことを推奨する。
    • 母親と新生児は、施設の通常の実践に従って同室することができる。
    • 分娩施設入院中には、母親は可能な限り新生児から適切な距離を保つ必要がある。母親が新生児に触れるケアを行う場合には、マスクを着用して手指衛生を行う必要がある。閉鎖式保育器を使用すれば距離を置くことができ、児を呼吸器の飛沫から保護する手段を講じることができる。閉鎖式保育器を使用する場合は、新生児の転落を防ぐために保育器の窓を正しくロックするよう注意する必要がある。
    • 医療従事者は、健康な新生児をケアする場合は、ガウン、手袋、サージカルマスク、および眼の保護具(フェイスシールドまたはゴーグル)を使用する必要がある。このケアがCOVID-19の母親がいる部屋で行われる場合、医療従事者は、可能ならば、サージカルマスクの代わりにN95マスクを使用することを選択できる。
    • 分娩施設入院中、感染していないパートナーや他の家族がいる場合は、新生児に触れるケアを行う場合には、マスクと手指衛生を行う必要がある。

新生児に直接授乳することはできるか?

AAPは、乳児栄養の最も優れた選択肢として母乳育児を強く支援している。いくつかの発表された研究では、母乳からSARS-CoV-2の核酸が検出されている。生存能力のある感染性ウイルスが母乳に分泌されるかどうかはまだわかっておらず、防御抗体が母乳にあるかどうかもまだ確定的ではない。これらの不確実性を考えても、現時点では直接授乳は禁忌ではない。
    • 母親は直接授乳前に手指衛生を行い、授乳中はマスクを着用する必要がある。
    • 感染した母親が新生児に直接授乳しないことを選択した場合、適切な手指衛生後に搾乳し、これを感染していない他の養育者が新生児に与えることができる。
NICUに入院中の児の母親は、自分自身の感染状態によってNICUへの出入りが禁止されている場合でも、いつでも子どものために搾乳できる。施設は、母親がNICUに入ることができるようになるまでは、母親からこの母乳を受け取るように手配する必要がある。
 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

奥 起久子 MD, FABM, IBCLC

qwt056700@nifty.com

地域医療振興協会 東京北医療センター小児科

//////////////

(転載おわり)

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


コメント
コメントする