抱っこ帯 日本製 新生児から使える 抱っこがらくらく スリング
Home ≫ ブログ

ねんねこりんブログ

抱っこ帯「ねんねこりん」をプロデュースする、チームねんねこりんのブログです。
ねんねこりんの新作や日々の出来事をお伝えします。
2019.07.14 Sunday

梅雨の馬っこ山

昨日は馬っこ山100回行きを目指す、29回目の日でした。 

 馬っこ山登山口 

(上・写真)何気ない山の入り口・徒歩30分で山頂に着きます。

 

 紫陽花山道

紫陽花の時期に登るのは初めてでした。山道が華やかです。

 

 水溜り

(上・写真)幼心を思い出す水溜り

 

稲育つ石巻

(上・写真)山頂から。眼下の、年長さん程度に育った稲、ダイナミックに蛇行する旧北上川、珍しくまっすぐに煙を吐く製紙工場の煙突、その向こうの海も微かに愛でる事が叶いました。視界360度・標高173mの馬っこ山、面目躍如と言えます。次回は山道の草花などをご紹介します。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2019.07.11 Thursday

ねんねこりんワークショップ 

7月9日は親子サロンおはなの開催日でした。ワークショップ出店は”ねんねこりんグループ”だけでしたが、遊びに訪れた親子さん達と楽しい時間を過ごしました。

 三人様作業開始

(上・写真)3人のママ達がねんねこりん縫製レッスンを受けながら、さっそく作業に集中。

 布をまっすぐにカット

(上・写真)好みの布をその場で分けて貰えます。自分のサイズが決まったら布のカット。

 サイズ通りにカット

(上・写真)ママの作業を見ながら自由に遊びまわる子どもちゃん達。

 早い完成でした

(上・写真)思い切り良く縫い進めたママ、早い完成でした。後のお二人は次回の出来上がりが楽しみですね。次は7月25日開催予定です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 

 

 


2019.07.04 Thursday

モヨ・チルドレン・センター(MCC)からのゲスト

ねんねこりんワークショップを行っているレインボーハウスで開催された講演会(下・チラシ写真)に行って参りました。ベリーショートヘアがお似合いの松下照美さんによる25年に及ぶアフリカ・ケニアでの活動談話です。

 

 チラシ

現在24名の居場所の無い男の子たちを養育されており「わたくしの子どもたち」と言う表現を聞いて、DVDを観ながら私も子どもの一人になった様な安心をおぼえました。活動の詳細は欄末のMCCホームページアドレスから御覧ください。

 ハンカチタグ 

MCCには旧友もかかわっていると知り、更に今回石巻まで松下さんに同行のIさんも7年前に当地でお世話になった方だと判明し、改めてお礼を述べた一幕もありました。

ケニアの現地に行きたくてもそれが出来ない私たちの石巻までお越しいただいて有り難い限りです。これらの出会いのきっかけを下さった・・10日ほど前からチラシを持参してお誘い下さった地区の友人Aさんに感謝しております。

昨日夕方Aさんが「先に行ってますね」と立ち寄って下さった時、私はねんねこりんの共布で松下さんへのプレゼントハンカチを縫っていたところでした。

「あきらめない」「待つ事をこころがけた」「問題があると燃える性質です」と話されたのが印象に残りました。ちなみに女性の松下さんですが、髪は自分でバリカンを入れるそうです。ケニアでは日常めったに鏡を見ないのでたまに見ると「あなたはどなた?」と思ってしまうそうです。80歳代になったら子ども達の自立の道筋を見つけたいと抱負を述べられました。

陶芸で培われたのか、握手の時握力が強い人だと感じました。

益々のご健闘を願っております。

モヨ・チルドレン・センター

ケニアの子どもたちに寄り添い、居場所を作り、自立を支援するNGOです。https://www.moyochildren.com/

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


2019.07.02 Tuesday

母乳のお話会で

7月1日の”たまひよサロン”は母乳のお話会でした。母乳分泌のメカニズムや母の個性・赤ちゃんの個性に応じた母乳育児について、一人目、二人目、三人目を子育て中のママ達と同席して初妊婦さんも熱心にお話を聞いておられました。

 母乳の話

 母乳の話

(上・写真)聞きながら授乳しているママが判りますか〜。

   母乳の話

(上・写真)こちらにも授乳しながら・・が板に付いたママがいらっしゃいました。

    

(上・写真)上の御子さんの時から、たまひよサロン同窓ママ達、又今度。

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 

 


2019.06.30 Sunday

我は梅の子角田の子

角田(かくだ)の梅祭りを楽しんだ友人から、もぎたての青梅をいただきました。

 梅とリンゴ 

(上写真・追熟効果を期待して真っ赤な青森リンゴと隣り合わせ・・自己流)

梅干用の塩漬けと、少し残して初めてリンゴ酢漬けも作りました。梅雨明けの夏バテ予防に使います。

我はウメの子リンゴの子〜♪、元気で夏を出迎えましょう。 

ブログへのご訪問ありがとうございます。(千)

 


<< | 2/252PAGES | >>